ガンバレ就活!!

@就活navi

面接の受け方

就職活動する方に、面接の際の受け方のポイントを紹介します。

面接の時に、相手の目を見てしっかり話すということは、当たり前のことであり、大切なことです。

しっかりした受け答えをすることは、その会社に就職することに対する意気込みや、意志を伝える意味でも、重要なポイントになってきます。

また、受け答えをするときには、マニュアル本にのっているようなありがちな言葉や答え方は、面接官は耳にタコが出来るほど聞いているといってもいいでしょう。

ですから、自分の言葉で一生懸命話すほうが、面接官に自分をよりアピールすることが出来るでしょう。

そのためには、あらかじめ大学の就職担当や、ゼミの教授や友達などと、面接における受け答えの練習を何回も行っていれば、スムーズに話すことができます。

ただ、予測していないことを聞かれて、戸惑ってしまうこともあるかもしれません。

その時でも、多少戸惑っても、自分の言葉で一生懸命受け答えをしてください。

ただ、長く話し続けると、話の焦点がぼやけてしまい、マイナスイメージへと繋がりかねませんので気をつけましょう。

質問に対しては「答えを先に、理由やエピソードは後に」持ってきて答えるようにしましょう。

就職活動をする方は、しっかりとした受け答えをすることで、自分のセールスポイントをアピールして、面接の際の印象を アップさせるよう頑張ってください。

最終面接

就職活動をしていくと最後の関門、最終面接に必ずなります。

最終面接は豪華で大きな部屋で、社長や会社役員との面接です。

今までの就職活動の面接と同じような質問から個人的な質問まであるので、アドバイスするとしたら、丁寧な言葉遣いを心がけることでしょう。

最終面接の対策は特にコレっていうものはありません。ほぼ内定だからなのです

ありきたりな回答よりは自分らしさを前にだして行きましょう。

面接の質問

就職活動の面接の質問には大きく分けると、自己PR系と志望動機系があります

就職活動をしているなら、ある程度面接の質問を想定していると思います。

ただ、面接の終わりに「最後に質問はありますか」と聞かれることがあります。

これはあなたからの“企業への質問”になります。

「特にありません」では意欲的に思われない場合がありますので、あらかじめ質問内容を考えておくとよいでしょう。

また就職活動中、応募したい企業への質問がある場合は電話ではなくメールで質問するようにしましょう。

pickup

韓国子供服
http://senobidays.com/
手彫り印鑑の【来夢堂】
http://www.raim.ne.jp/
橿原市の賃貸情報は【賃貸館】
http://www.chintaikan.com/
ウェディングドレスの販売は【Kind】
http://www.kind-pr.co.jp/
ミリタリーセレクトショップWIP
http://shopping.geocities.jp/waiper/
Copyright (C) 2014 Job Hunting All Rights Reserved.